かぜのすけ のブログ

[267] 本『大どろぼうホッツェンプロッツ ふたたびあらわる』

本『大どろぼうホッツェンプロッツ ふたたびあらわる』 プロイスラー作、中村浩三訳、偕成社

b0191626_21534389.jpg




 痛快である。これ、ホントに単純な面白さがある。
 暮らしに密着しながら、大どろぼうと対峙するのは、住民の少年2名。
 恐ろしいのに、対峙するのは勇気のあること。
 また、おばあちゃんが面白い。
 
 日本の時代劇のような、見ていてハラハラするけれど、最後にはホッとするというパターンなんだけど、これがいい!
 単純明快な面白さ。

[PR]
by naizaisurupt | 2018-05-23 21:58 | [本]のお勧め紹介 | Comments(0)
<< [268] 絵本『サブレ』 [266] 本『明暗』 夏目漱石著 >>



「大阪駅前から見た夕焼け」                  内在するものプロジェクト、       大阪プレイバックシアター    の活動案内やお勧め紹介などなど
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
申込み期限を変更しました..
by naizaisurupt at 22:12
申込み期限を追加しました..
by naizaisurupt at 22:10
こんにちは、 私も映画..
by desire_san at 14:09
飲み物は各自でご持参くだ..
by naizaisurupt at 08:43
ワークショップ終了後、カ..
by naizaisurupt at 11:16
ブログジャンル
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
ブログパーツ
ファン
画像一覧
その他のジャンル