かぜのすけ のブログ

[263] 写真集『悠久の時を旅する』 星野道夫

写真集『悠久の時を旅する』 星野道夫

b0191626_16580885.jpg




第1章 生きる動物たち
 カリブーで風が吹き、グリズリーで心温まる。
 ザトウクジラではらはらドキドキ、ジリスに苦笑いする。
 シロクマには、著者と同様に、現実と空想のはざまに迷い込む。


 早春のある日、残雪の上で遊ぶグリズリーの親子。親子は追いかけっこの最中だった。子グマが逃げると母グマが追いかける、という動作を何回も繰り返しながら、結局、母グマが子グマをつかまえた。そのあとの起きた光景に、私は吹き出してしまった。子グマをつかまえた母グマは、子グマを両手でしっかり抱きかかえ、そのまま山の斜面を頭からころがって、子グマを遊ばせているのである。(P41)


第2章 出逢った人たち
●●● ●●●
 「シリアとジニー」 誰もが、いつかそれぞれの老いに出会っていく。
~~~ ~~~
  なんて、きれいな言葉だろう。老いに出会うか~とこの言葉に老いも悪くないって気持ちが起こる。素敵な言葉だな~。空にいる星野道夫さん、この言葉使わせてください☆
●●● ●●●
 「ドン」 ぼくはドンが好きだった。どこか、ひとつの人生を降りてしまった者がもつ、ある優しさがあった。ぼくたちは本当にたくさんの風景を一緒に見てきたものだった。
~~~ ~~~
  カリブーを追って飛ぶパートナー、パイロット。アラスカの原野の離着陸はいつも危険。石ひとつが命取り。らしい。飛べなくなったセスナなのに、何とも言えないいい笑顔が写真だ。素敵な笑顔。現実を直面していても、なお山に登り稜線にはカリブーを見つけた。(ふたりは、たぶん)興奮して、慌てて身を隠す、臨場感あふれるこの風景に、大きな大きな空気の移動が起こってくる。紙の2次元が3次元になる。カリブーにかける男たちがそこにいる。
●●● ●●●  


 読む進んでいるうちに、ココとか、ココとか、ピックアップするのが違う気がしてきた。途中で止める。
 そのうちに、没20年の星野道夫の旅 を見に行った。

 行って気がついた。

 人が、私が、ちっぽけで、どうしようもない、でっかい、ものを、受けていることに感動し、涙し、凄いって思える。
 これには、理由はなく、理由もみつけるのもやめていき、ただ受けるのみ。

 そんなことを受け続けて、いく。
 これに慣れがあるのだろうか。


 分からない。
 けれど、終わったら、また再び、この風景を見たいと思う。残してくれてありがとう。
 ありがとう。
 ありがとう。



[PR]
by naizaisurupt | 2018-03-20 17:40 | [本]のお勧め紹介 | Comments(0)
<< [264] 本『初版グルム童話... 4/22柔らかな出偶いの即興劇... >>



「大阪駅前から見た夕焼け」                  内在するものプロジェクト、       大阪プレイバックシアター    の活動案内やお勧め紹介などなど
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
申込み期限を変更しました..
by naizaisurupt at 22:12
申込み期限を追加しました..
by naizaisurupt at 22:10
こんにちは、 私も映画..
by desire_san at 14:09
飲み物は各自でご持参くだ..
by naizaisurupt at 08:43
ワークショップ終了後、カ..
by naizaisurupt at 11:16
ブログジャンル
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
ブログパーツ
ファン
画像一覧
その他のジャンル