かぜのすけ のブログ

本「トワイライト twilight 13 (永遠に抱かれて)」

b0191626_10344012.jpg

トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて





トワイライト twilight 13 (永遠に抱かれて)
ステファニー・メイヤー:著、小原亜美:訳、ゴツボ×リュウジ:イラストレーション、発行者:ヴィレッジブックス





=訳者のあとがき から=

 「トワイライト」は2005年のシリーズ開始以来、アメリカのティーンを中心に「トワイライトイターズ」と呼ばれる熱狂的ファンを生み出し、大旋風を巻き起こしてきた。イギリス、フランス、ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国、トルコ、タイ、中国、韓国などでも出版され、2009年2月現在(当時この本が出版された)、世界で4200万部を超える驚異的なセールスを記録している。
 なにがこんなに多くの読者のハートをつかんだのか。最大の魅力はやはり、青春ドラマとファンタジー、ロマンスというエンターテイメントの三大要素が見事に溶け合っているところにある。なかでも見逃せないのが世界のあらゆる世代の”女子魂”に火をつけたロマンスの妙味だ。~略~禁断の香りをまとった究極の純愛ストーリーなのだ。ここには、著者が愛してやまないという「ロミオとジュリエット」や「嵐が丘」を思わせる、不変のロマンスの世界がある。・・・




トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて

 訳者の話からを書いたが、今回で終わった。訳者の分野からしては、最後ハッピーに終わって良かったんだろうと思う。ホッともした。ドロドロの戦い或いは、頭脳戦でも、盛り上がりにかけるような気がする。それにスマートではないな・・・。話の中に入り込んで、逃げ出したと思われたアリスの登場やアリスが残した痕跡に、ベラが、考えて行動していくところは、見どころがあった。たくさんのヴァンパイアが登場してきて、正直誰が誰か、よくわからなかったりして、混乱したかな。そして、そんなに登場したのに、少しずつ退出していなくなっていくのが、演劇の舞台を見ているようだった。

 疑問が残るのは、人狼族というのは、「月の子たち」ではなく・・・シェイプシフターときたか。アロがジェイコブに興味を示したのが驚きではあるが・・・それにしても、主人公であるベラはどれだけ特殊能力をもっていて、計り知れなくて、アロさえも驚異にしてしまうか・・・。ま、なんでもできちゃうっていうのが憧れになるかもしれない。

 とにかく、読み終わりました。昨年の9月から約6ヶ月弱かかって、読んでみてました。
全体を通して、最初のつかみはやはり面白かった。けれど、シアトルの戦いの辺りは中だるみがあって、最後には全滅するかも・・・ってどこかで思ったことから、楽しめた感が残っています。終わりはハッピーエンドだとあれしかないのかな~とも思うのですが・・・・。

 少しドキドキ感が欲しくて、別世界を楽しみたい人には、「おすすめ」ですね。




トワイライトシリーズの感想を書いていき、
読者がいらしたら、お付き合いありがとうございました。 礼。
[PR]
by naizaisurupt | 2013-03-09 10:33 | [本]のお勧め紹介 | Comments(0)
<< 映画「津波のあとの時間割~石巻... マリア様がみてる 卒業前小景 >>



「大阪駅前から見た夕焼け」                  内在するものプロジェクト、       大阪プレイバックシアター    の活動案内やお勧め紹介などなど
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
申込み期限を変更しました..
by naizaisurupt at 22:12
申込み期限を追加しました..
by naizaisurupt at 22:10
こんにちは、 私も映画..
by desire_san at 14:09
飲み物は各自でご持参くだ..
by naizaisurupt at 08:43
ワークショップ終了後、カ..
by naizaisurupt at 11:16
ブログジャンル
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
ブログパーツ
ファン
画像一覧
その他のジャンル