かぜのすけ のブログ

バケツで堆肥作りは出来るか、の検証

バケツで堆肥作りは出来るか、の検証



用意するもの
 ○市販のバケツ(蓋つき)○バケツの中を混ぜるスコップ
 ○土

 1)バケツ半分くらいの土を入れる。
   細かく切った野菜の切れ端など(生ごみとして捨ていたモノ)を入れる。

   ●生ごみが土に混ざるように撹拌する。●その日入れなくても毎日撹拌する。
   を行った結果、一季節ほど続けると、バケツ一杯になってくる。
   これを1か月ほど生ごみ追加せず、毎日撹拌。

   これは臭いもなく、こげ茶色の色合いで、湿りけもあるモノが出来上がった。
   撹拌するときに、虫はいるが、蛆虫発生とはならなかった。

 2)1)の条件で、土を減らしてみる 1/2→1/3

   ●撹拌も同じような条件で行うと、一季節ほどで同じくバケツ一杯になる。
   
   1)より、湿った(湿った塊)のこげ茶いろで、臭くもなかった。


 以上は、冬から春の季節に行ってみた。
   1)2)は雨などで水が入ってしまうと、色合いが茶色から黒色、臭くなる場合があった。


 3)2)の条件で、季節を春・夏にやってみる。
 
   雨水が入って、臭くなり、蛆虫発生。
   土を入れて、湿りをとるが、蛆虫が少なくならず、土を広げて虫を取り除き、石灰をまき1週間置く。
   再発生はなかった。

 4)土を使わず、茶葉を乾かしたモノと生ごみを積み重ねていき、枯葉か乾いた茶葉を重ねて置く。
   撹拌せず2か月置く。下の方に水分がたまり、蛆虫発生していた。
   3)ほど発生数が少なかったが、水分でべちゃべちゃのところは臭くなっていた。
   
 

 以上4点は密封するほどの蓋ではなく、被せている状態のもので、ずれて雨水が入ったりすることがあった。
 外からの水分を防ぐことが出来、毎日撹拌するのが今のところ良いと思われる。

 
   
   
   
 3)は夏の季節
 4)は8月後半~10月中旬

[PR]
by naizaisurupt | 2017-10-10 08:03 | 暮らし | Comments(0)
<< バケツで堆肥作りは出来るか、の... [198]絵本「どんぐりころころ」 >>



「大阪駅前から見た夕焼け」                  内在するものプロジェクト、       大阪プレイバックシアター    の活動案内やお勧め紹介などなど
検索
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
申込み期限を変更しました..
by naizaisurupt at 22:12
申込み期限を追加しました..
by naizaisurupt at 22:10
こんにちは、 私も映画..
by desire_san at 14:09
飲み物は各自でご持参くだ..
by naizaisurupt at 08:43
ワークショップ終了後、カ..
by naizaisurupt at 11:16
ブログジャンル
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
ブログパーツ
ファン
画像一覧
その他のジャンル