かぜのすけ のブログ

本『狼と香辛料13』Side ColorsⅢ 支倉凍砂 著、メディアワークス

本『狼と香辛料13』Side Colors? 支倉凍砂 著、メディアワークス

b0191626_20293299.jpg




~ネタバレあり~

1 狼と桃のはちみつ漬け
2 狼と夕暮れ色の贈り物
3 狼と銀色のため息
4 羊飼いと黒い騎士
~~~~~~~~~
1 狼と桃のはちみつ漬け

 桃は、今でも高価な果実だと思う。時々そうでないものもあるが、桃を見るとつい食べたいと思いながら、なかなか手が出せない感がある。
 それをはちみつ漬けにしているなど、贅沢の極みではないか!しかも、高騰しているという。
 ロレンスは、財布と相談して、ホロに食べさせてやりたいと思うが手が出ない。そこで工賃仕事を稼ごうと頑張るが、働いている人間が多くて効率が悪い。
 ホロを部屋において、頑張るが、時間をずらしてみようと一旦部屋に戻る。が、労うどころか、ホロのとげとげしく機嫌の悪さに閉口する。
 ロレンスはホロの話を聞いて、ホロと一緒に商売を始める。思ったより利益が少ないことにホロはがっかりしたが、量を増やしてまたやろうと励まし合う。
 
 互いに思いやる二人のすれ違いと、商売の基本?人と違うことをして利益をあげよ、の教訓か。
 短いながら、桃のはちみつ漬けに反応して、どきどきした。



2 狼と夕暮れ色の贈り物

 この中で、リュミオーネ銀貨はよく話に出る。さしずめ、現在では何か国で通じる、ドルやユーロのような通貨であろうと思われる。
 旅の途中で、銀貨・金貨・銅貨といろいろ出てくる。今回はシュミー銅貨。
 それは、森林の中を通る時の魔除けならぬ、狼や熊除けのまじないのように使われているという。その絵柄は狼。
 ホロはそれを知ってほしくなるが、人がなぜ首飾りにするかをロレンスに聞くことになるが、彼は言葉を濁す。
 結局知れてしまうのだが、ロレンスはその後、ホロに銅貨を首飾りにして贈る。

 思いやりを感じて、いらぬ思いやりだと思ってしまうが、それは相手を思いやるが故の思いやりなのだ。こんな童話もあるね。



4 羊飼いと黒い騎士

 羊飼いローラと羊追い犬エネクの 羊飼いを辞めてからの話。
 ローラはどこまでもお人よしのところを、エネク自身が懸念して、心配してる。エネク視線の話。
 犬からの視点は面白いですぜ。

[PR]
by naizaisurupt | 2017-07-21 20:54 | [本]のお勧め紹介 | Comments(0)
<< 9/16柔らかな出偶いの即興劇... 『哲学のアトリエ』at カフェ... >>



「大阪駅前から見た夕焼け」                  内在するものプロジェクト、       大阪プレイバックシアター    の活動案内やお勧め紹介などなど
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
申込み期限を変更しました..
by naizaisurupt at 22:12
申込み期限を追加しました..
by naizaisurupt at 22:10
こんにちは、 私も映画..
by desire_san at 14:09
飲み物は各自でご持参くだ..
by naizaisurupt at 08:43
ワークショップ終了後、カ..
by naizaisurupt at 11:16
ブログジャンル
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
ブログパーツ
ファン
画像一覧
その他のジャンル