かぜのすけ のブログ

本『~ゲド戦記Ⅰ~ 影との戦い』アーシュラ・K.ル=グウィン作、清水真砂子 訳

本『~ゲド戦記Ⅰ~ 影との戦い』アーシュラ・K.ル=グウィン作、1968年
  清水真砂子 訳、岩波少年文庫、2009年1月16日第1刷発行





~~~~~~~~
 アースシーのゴント島に生まれた少年ゲドは、自分に並はずれた力がそなわっているのを知り、
真の魔法を学ぶためロークの学院に入る。進歩は早かった。
得意になったゲドは、禁じられた魔法で、自らの<影>を呼び出してしまう。
~~本書より~~
b0191626_15490299.jpg


 実は、とても読み始めとっかかりが、分かりにくい。分かりにくさでなかなか読み進めることが出来ずにいたが、影が登場する辺りから、面白くなってきて、(それまでも内容は実に面白い)はやる気持ちを抑えつつ、読み進めていった感じ。

 出来すぎて、取り返しのつかないことをしてからのゲドの苦悩や努力が、よく描かれていると思う。
 学院から卒業してからの旅も、暗く恐ろしさを感じるが、読んでみた後に面白かったことが押し寄せてくる感じになる。
 
 この本は、映画をみようとするが、途中であきらめてしまって(面白くないと判断している)ることを、映画とは別物で面白いよと教えてもらい、読もうと思った本だ。
人には好みの本があると思うが、これ、なかなか面白い本だということが分かり、6部完結を読んでいこうと思う。

 あとがきに書いていたが、6部完結と書いたが、本当は3部完結で10数年後に、続けて3部でたことになり、もう30年ほどたっている現在からは6部作となっている。
~~~~~
 物の本当の名前を知って、それを縛る。やはり名前は呪いの一種なんだね。自在ではないようだ。
 この世界の魔法使いは大変なの、その名前を全部覚えていく。魔法を使った物語はいろいろあるけれど、こんなの初めて。
FB
~~~~~


[PR]
by naizaisurupt | 2017-05-07 08:47 | [本]のお勧め紹介 | Comments(0)
<< 本『虚空の旅人』  2017年感想 皐月の新月、「大和葛城山・95... >>



「大阪駅前から見た夕焼け」                  内在するものプロジェクト、       大阪プレイバックシアター    の活動案内やお勧め紹介などなど
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
申込み期限を変更しました..
by naizaisurupt at 22:12
申込み期限を追加しました..
by naizaisurupt at 22:10
こんにちは、 私も映画..
by desire_san at 14:09
飲み物は各自でご持参くだ..
by naizaisurupt at 08:43
ワークショップ終了後、カ..
by naizaisurupt at 11:16
ブログジャンル
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
ブログパーツ
ファン
画像一覧
その他のジャンル