かぜのすけ のブログ

本『闇の守り人』 2017年感想

本『闇の守り人』 上橋菜穂子 著、二木真希子 絵 、偕成社






~~~~~
「精霊の守り人」につづく「守り人シリーズ」第二弾「闇の守り人」

バルサが過去と対決する!

女用心棒バルサが生まれ故郷のカンバル王国にもどった
その昔、地位も名誉も捨て 自分を助けてくれた養父ジグロの汚名をそそぐため
(本書から)
~~~~~

 この守り人シリーズ、こんなに話題になる前から好きで、何度も読んでいます。
 また、今回は、ファンタジー、
を開催するのに、読んでいました。途中で会の方が先に来てしまったけれど、読み終わった。


 シリーズの中で、バルサ自身に、過去に向き合っていく姿や葛藤が露わに書かれていて、一番好きな本と言っても過言ではないくらいです。
そんな本で、語る会では、本の事も語ったのですが、そこから発展していくのが今回も起こりました。(下記に記載あり)

 個人的な感想として、
 最後のクライマックスの<槍舞い>、バルサとヒョウル<闇の守り人>(ジグロ)の舞い。
真っ暗闇なのに、その場にいた者には、二人の思いが見える。

 この表現は、目を見張る感じがリアルに伝わってきて、早く・早くと読んでいる自分が、先を知りたくて、はやる気持ちが起こっていき、緊張・興奮して、読み進めたところだった。怒りのぶつけ合いで、それが昇華していく。本心をぶつけて和解するって、命をかけて舞っているからなのだろうか。なんとも、うらやましい。そんな思いがわいてきた。

 最後の方に、乾いた土に、雨がふって湿り気を帯びていく時、幼いころの懐かしいにおいとぬくもりがよみがえる。この辺りは、バルサを見ている私は、どこかにいたのか、所在がわからないと思ったら、ポロリ・ポロリと流していた。あ、私がいたと見つけて、立ち止まり、確認した。

 しかっし、ジグロ、かっこいいわぁ~。こんな人おるんやろうか、・・・。


   あ、高倉健や!(あ、私のイメージ) 
   あら~~この方も、もうヒョウルになって弔われたかしら。 そんなことを思うのでした。





~~~
 その会直後の感想は、
 人には誰でも闇の部分を持っています。本はバルサの闇の部分を彼女自身が向き合い、戦っていく物語でした。
 そして、語る会は闇の部分に焦点を当てて進み、バルサになったのでした。バルサはどうなっていくか楽しみです。
 次回の語る会も楽しみにしたいと思います。
(FBより)
~~~
 後日、書いたのは、過去2回の実施から、
 備忘録☆

ファンタジー、私の好きな本「●●の守り人」を語る会、2回実施。
 一回目は「精霊の守り人」
 二回目は「闇の守り人」
 この会は、単なる読書感想を語る会ではなかったな~と思い返す。

物語の登場人物と共に、その世界に入って過ごしていることから、更に、現実世界に戻ってきたときに広がりを持つ。世界の経験が、現実世界の過去体験とリンクしていくこともある。ようです。本の物語だけでおさまらない状態を語った会だった。
(現在2回での内容)(FBより)

~~~
b0191626_23534259.png
2013/8感想のブログ(といっても、あんまり書いてません)
http://naizaisuru.exblog.jp/20872580/

今年の「精霊の守り人」感想のブログ
http://naizaisuru.exblog.jp/26621674/




[PR]
by naizaisurupt | 2017-03-11 00:00 | [本]のお勧め紹介 | Comments(0)
<< 弥生の新月、「二上山」で願う・... 本「君に届け」16 ~夢と恋の... >>



「大阪駅前から見た夕焼け」                  内在するものプロジェクト、       大阪プレイバックシアター    の活動案内やお勧め紹介などなど
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
申込み期限を変更しました..
by naizaisurupt at 22:12
申込み期限を追加しました..
by naizaisurupt at 22:10
こんにちは、 私も映画..
by desire_san at 14:09
飲み物は各自でご持参くだ..
by naizaisurupt at 08:43
ワークショップ終了後、カ..
by naizaisurupt at 11:16
ブログジャンル
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
ブログパーツ
ファン
画像一覧
その他のジャンル