かぜのすけ のブログ

映画「エゴン・シーレ 死と乙女」 を観て

映画「エゴン・シーレ 死と乙女」






公式サイト
http://egonschiele-movie.com/

 映画「この世界の片隅に」の上映時間に頑張って合わせて行くと、満席で4時間後の上映に若干空席があるという。この連日満席続きらしい。あら~~4時間も待ってられないと、時間的にこれがあったのを観て、ん?確か見たいのやった気がするが内容を覚えてない。けど、見ることにした。随分空いていたのだが、これも満席になっていた。
 隣のカップルの男性が、ポップコーンをポリポリ、ビニール袋をバリバリ、ため息をつくのだが、暑くて袖を捲りあげていた腕に風が来る。久々に変な人の隣に座った感あり。周りが誰?と見回してるのを何度も見たけど、本人は知らんぷりで食べてたわ。  映画。画家やし、かなりきれいにまとまってるし、アートの観点からすれば、そうかも。と思ったりするのだが、普通に考えたら、狂気、境界線は向こうに行ってるよな、無実になってたけど、あれやったで。と容易に思う。紙一重とよく言うが、アートとして女性のエロに魅せられてしまった変態やったかも、女性を人として見てる感じがしなかった。女性が幸せそうな感じがしないのよ。ただ、芸術家として魅力があると言えば、そう魅力的やと思う。絵のタッチは好みではなかったわ。アートの映画を観るとは思わなかったけど、必然か。


 映画の中で、シーレ自身が戦争に召集された先でも、毎日絵を描いていないと死んでしまうんだと訴えてる。そんな状況でも描こうとする姿はある種狂気やと思ってて、妻は嫌がる。それで別れる云々があるのだが、描くことをやめられない。この感じは共感する。
 ただ、彼の芸術の観点はエロスで相手の協力がいる。愛を語る時間があって、そんな中で芸術の見る目になる。
エロスを描こうとするとそうなるのかな~とそこは分からないけれど、そんな心理を垣間見ることができた。
それと対象に妹の夫も友だちだけど、結婚して召集をうけて一枚も描かなくなったという場面がある。これが普通だろうなと思ったり・・。
あんまり意識していなかったところを考えた感じがする。また、後には引かない感じ。






(2017.2.1) 

[PR]
by naizaisurupt | 2017-02-13 19:12 | [映画][アニメ]のお勧め | Comments(1)
Commented by desire_san at 2017-02-14 14:09
こんにちは、
私も映画『エゴン・シーレ 死と乙女』を見てきましたので、ブログを興味深く読ませていただきました。エゴン・シーレ役に、新人ノア・サーベドラ起用したことで、美男のプレイボーイとして知られ、生涯のパートナーであったはずのヴァリを棄て、良家の子女を妻に迎える非情で野心的なシーレを、を奪うような白皙の美貌を生かしてサーベドラが説得力たっぷりに演じていたのが心象的でした。

私も『エゴン・シーレ 死と乙女』を観て、この映画から感じた天才エゴン・シーレとその芸術について整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。


<< 『狼は帰らず』アルピニスト・森... 本『精霊の守り人」 2017年感想 >>



「大阪駅前から見た夕焼け」                  内在するものプロジェクト、       大阪プレイバックシアター    の活動案内やお勧め紹介などなど
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
申込み期限を変更しました..
by naizaisurupt at 22:12
申込み期限を追加しました..
by naizaisurupt at 22:10
こんにちは、 私も映画..
by desire_san at 14:09
飲み物は各自でご持参くだ..
by naizaisurupt at 08:43
ワークショップ終了後、カ..
by naizaisurupt at 11:16
ブログジャンル
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
ブログパーツ
ファン
画像一覧
その他のジャンル