かぜのすけ のブログ

「高速バス」☆(2)ウィラー高速バス☆徒然なるままに

「高速バス」☆(2)ウィラー高速バス☆徒然なるままに



~~~~~~~~
☆始めに
(2)ウィラー高速バス、バスの種類が色々
 ○トイレ付きスタンダード
 ○シアター
 ○4列リラックス
 ○ニュープレミアム
 ○コクーン
 ○座席
 ○待合所で
 ○トイレ休憩
 ○降車場所で
☆終わりに
~~~~~~~~




☆始めに
 JR高速バスの時にも記していたが、記録して、自分が再度利用するか、どうかの参考にしようと思う。
 もし、読まれた人も参考にして結構だが、良い悪いは個人差があると思われるので、そこのところをご自分で判断していただきたい。


 (2)ウィラー高速バス はシートの種類が色々
 二番目に利用しているバス会社。理由としては、私が利用する場所での、発着所が駅から遠いところにある。慣れれば、こんな理由は理由にならないかもしれない。。
 そして、ご存知だと思うが、本当に色々なシートの種類がある。正直どれもが使いこなせているわけではないが、どんなものだろうと乗ってみたシート毎に、感じたことを書いてみようと思う。
 また、サービスもホームページには掲載されているが、残念ながらそのサービス期間などは利用して乗ったことがない。

 ○トイレ付きスタンダード
 とてもリーズナブルな4列シート。ホームページには、肘あり・ブランケット付き、と表示されているがなかった。JRバスのように、あるのとないのとが、あるのかもしれない。ただ、肘がないと、知らない隣の人との境界がない分、寝てしまっていると、うっかり隣の人の領域に入ってしまってるかもしれないなと思った。
現に、隣の人は私の領域に入ってきていた。まあ、それは前の人のシートの倒し方が半端なく倒していて、前の座席の隣の人も、閉口した態度だったり、周りの状況で仕方のないことかもと思って過ごした。
 
 ○シアター
 このシートは、昼間に乗った。
 4列シートで、閑散した時期だったのか、2シートを一人で座るといった人数の少なさだった。乗ったのは冬の時期で、昼間なのに眠くて結構眠れ、シアターの機能を全く使わずに、目的地に到着した。
元々、シアターを楽しみたいと思って選んだのではなくて、乗りたい時間に、たまたまこのシートだったというだけなのだが、やはり人数が少ないと、広さを確保できるといった意味で、快適だった、と言える。

 ○4列リラックス
 最近、数回乗っている。このシートは人気のあるシートだと思う。毎回満員だ。便も多い。シートごとにバギーのように傘がついていて、そのことにより寝顔を見られなくていい。狭い空間の中で、プライベート空間を作ることができるようになっている。シートの硬さ・ホールド感もなかなか良い。値段は、時期によるが、繁忙期だと4列シートでも高値になっている。
 このシートは素晴らしい。
 けれど難点がある、シートが良い分、結構ぐっすり寝る人が多い。そう、4列シートでトイレ休憩でも、寝ているためシートを元の位置に戻すとか、通路側の人が中々起きてくれないとかで、トイレに行きたい時に、ものすごく困ることがあった。

 ○ニュープレミアム
 これは、乗ったことがあるという記憶だけで、快適だったのか、不快だったのかが、あまり思い出せない。高値でもあり、今後乗るかどうかは分からない。

 ○コクーン
 誰もが、どうだった?と聞くほど、気になるシートのようだ。高級感溢れる内装、シートもふかふか、個室になっている。
でも、わたしはどうもこのシートが好きになれなくて、快適に過ごすことが出来なかった。個室が閉塞感を強く持ち、私には向いていないことがわかった。狭さと寝ているすぐそばが壁でかこまれているのが、却って落ち着かない。そして、ふかふかが、残念なことに車酔いをしてしまった。それに、人が見えないことに不安を覚える。
プライベート空間を楽しみたい人には、持って来いのシートだと思う。私としては、もう十分ですって感じ。

 ○座席
 バス内の座席については、予約した時には分からない。乗車時間2時間前に連絡先メールアドレスに送られてくる。そこで始めて、座席がわかるようになっている。
今まで、一人で利用した場合、4列シートで隣は女性同士となっていた。時々男女で乗車しているのを見かけるが、隣同士が知り合いのようだ。座席の配慮はされている気がする。これは憶測に過ぎないのだが、前に(乗り口に)近いところに、男性席になっているようだ。

 ○待合所で
 私が利用する待合所は、広く色々なソファがあるため、待っているあいだも割と快適に過ごすことができる。こういった待合所は、多くの利用者が利用する所だけだと思うが、寒い冬に外で待つ、のが、温かい空間で座って待つ場所は、とてもありがたい。欲を言えば、私が利用する所は、トイレがない。そのビル内にあるトイレを利用することになるが、少なくてバスを利用する人で並んでいる。一気に人が集まるのだから、少し考えたほうがいいのではないかな~と思ったりする。

 ○トイレ休憩
 サービスエリアで、停車するバスはいっぱいある。各会社でおおよそ停車する場所を決めているのだろうか、と思うほど違う。ウィラーバスの場合、停車する場所が、混んでいても分かりやすく、しかもトイレに近い場所に停車しているように感じる。サービスエリアの車の停車が少なかった時に、目の前に停車していることもあった。
これは素晴らしい。回数は、JRで昼間は3回、夜は2回のトイレ休憩だが、同じ距離で3回のトイレ休憩だった。多いからいいというわけではないけれど、天候・室内空調温度によって、トイレ休憩は欠かせない。2回より3回は気持ち、安心する。
 
 ○降車場所で
 利用する駅からは、少し離れたところにある。
 夜に乗ると、到着するのは朝になるしかも早朝が多い。朝早いと時期によっては寒い。降りてからトイレに行きたくなることがあるのだが、近くにはないのだ。ビル内は閉まっているし、簡易のトイレらしきモノも見当たらない。冬に到着して、待合所が立派のところに関わらず、早朝ゆえに閉まっていて、降りた利用者の数名は、待合所に入ろうとしていた。ビルの管理のこともあるのかもしれないが、気配りできている会社だけに残念な時がある。
 それと多くに利用しているのは、大阪-東京間なのだが、例えば新宿直行便など、一つの降車場所しかないのが意外と使いやすい。

 
☆終わりに
 なんだか、文句ばかり言っているような気がしてきたが、やはりバスの乗り心地を重視する会社、便利な足として乗り継ぎなどを考えている会社と弱み・強みがあると思っていて、それゆえに私自身が利用しやすいモノを選んで乗っているわけだが、この会社の良いところとしての一つに、未だ到着予定時刻から、大きく外れずにいるところだ。コースを考慮しているのだろうか。降車場所だろうか。その理由は定かではない。これはありがたいことだ。
 JRバスに比べて、高級感があり、車内は快適になるように施されている。色合いもきれいで、車内が明るい。そして、シートの豊富さ、追及されているのには恐れ入る。乗り心地を楽しもうと思うなら、ウィラーバスをお勧めだ。
 私の場合は、乗り心地もさることながら、書いている通りに関係するまわりのことも気になってしまうので、ああだ、こうだと思い、折り合いをつけて利用している。

前回のJR高速バスについて
http://naizaisuru.exblog.jp/22653317/


☆追記
 こうやって書いていると、いろいろあることが分かった。利用するのは主にJRバス、ウィラーバスなのだが、他のバス会社も利用するにはしているが、繰り返しとまで至っていない。
 その中でも、良かったバスは、車内の内装は普通で、3列独立シート、のびのびできる(座席を後ろの人を気にせずに倒して大丈夫なくらい空いている)に乗ったことがあったが、本当に足が伸ばせれるのは気持ちがいい。この会社は男女混ぜ混ぜだった。利用客は、ビジネスマンやレディたちが多かったように思う。それくらいだろうか。
 バスの利用客が多くなってきている分、社会的にも問題なことも出てきているようだが、安全でかつ快適に乗りたいと、私はいつも思っている。
 


[PR]
by naizaisurupt | 2014-06-07 10:25 | 日記 | Comments(0)
<< 真っ暗だからこそ、話せること ... 円座(非構成的エンカウンターグ... >>



「大阪駅前から見た夕焼け」                  内在するものプロジェクト、       大阪プレイバックシアター    の活動案内やお勧め紹介などなど
検索
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
申込み期限を変更しました..
by naizaisurupt at 22:12
申込み期限を追加しました..
by naizaisurupt at 22:10
こんにちは、 私も映画..
by desire_san at 14:09
飲み物は各自でご持参くだ..
by naizaisurupt at 08:43
ワークショップ終了後、カ..
by naizaisurupt at 11:16
ブログジャンル
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
ブログパーツ
ファン
画像一覧
その他のジャンル