かぜのすけ のブログ

『たけのこ文庫』

「ハリー・ポッター」
 児童書に魅力を感じていたが・・・




 とても、面白い!と、定期的に読み始めたのは、


 『たけのこ文庫』があったからだと言える。

b0191626_10253084.jpg



それは高槻市梶原の地に位置し、子どもが好きな人が個人的に
家を買い取って(あるいは借りて)子ども向けの図書をつくった。
数十年前のことらしい。


 私が初めて訪れたのは今年の4月で、
 『たけのこ文庫』の人とつながりのある松岡弘子さん(くぅ)が主催する
 グループに参加した時だった。

 ここは、すごく古い家。
 トイレは水洗ではないし、洗面は昔ながらの台所の炊事場。
 クーラーもないので、扇風機で、夏は夏をすごく感じれるところ。
 座った周りには、
 児童のための絵本や小説・図鑑が置いてあり、手作り満載の文庫だ。
 建物の裏は神社があり、自然に囲まれた一角で、
 創造力をかきたてるのではないだろうか。。。
 
 グループ参加しているとき、縁側のガラス戸が開いていると
 子どもらが、文庫が開いていると思い、顔を出す。
 彼らにとっても、居心地のいい空間なんだろう~~~~



 この文庫の中身に興味があり、訪れた度にお借りしている。

 「精霊の守り人」・・・この時ハマってシリーズを近くの図書館で借り制覇する。
      http://naizaisuru.exblog.jp/18218299
      http://naizaisuru.exblog.jp/18739567

 「トイレのおかげ」・・大切なことを歴史を通して伝えている絵本
      http://naizaisuru.exblog.jp/18507445

      
 「雨をよぶ龍」・・・・農作中心の生活だった日本では、天候はとても大事なことで、
             雨乞いの伝統行事のことが記していた。
      http://naizaisuru.exblog.jp/18752500

 「夢を追う人」・・・・星野道夫さんの体験を綴った本
      http://naizaisuru.exblog.jp/18817394


 この4冊を借りたがとても面白かった。
 また、魅力的は本がたくさんある。高槻市在住ならドシドシ借りるのだが、
 電車に乗り継いで、向かう距離なので、借りるのも限られている。



建物が古い。ということだろうか。
近くに取り壊される話が持ち上がっているそうだ。

 残念。非常に残念。

 自然に溶け込んだこの文庫。子どもたちの憩いの場の文庫。
 興味深い本が宝箱を開けるように、楽しめる文庫ってあんまりないよ~
 
 他市の住民だが、楽しませてもらい感謝しています。
 部外者かもしれませんが、こんなところ、なかなかないので、
 雰囲気を保ちつつ、残して欲しい気持ちでいます。






なんだか、熱くなりましたが、読んでいただきありがとうございます。
[PR]
by naizaisurupt | 2012-08-13 10:40 | 魅力的な[場] | Comments(0)
<< 昨日の散歩 12日は「パンの日」 >>



「大阪駅前から見た夕焼け」                  内在するものプロジェクト、       大阪プレイバックシアター    の活動案内やお勧め紹介などなど
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
申込み期限を変更しました..
by naizaisurupt at 22:12
申込み期限を追加しました..
by naizaisurupt at 22:10
こんにちは、 私も映画..
by desire_san at 14:09
飲み物は各自でご持参くだ..
by naizaisurupt at 08:43
ワークショップ終了後、カ..
by naizaisurupt at 11:16
ブログジャンル
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
ブログパーツ
ファン
画像一覧
その他のジャンル